ロゴ

迷わず給付金を請求しよう【B型肝炎の治療費にできる】

HOME>info>B型肝炎になった原因は?〜給付金には期限があるので注意しよう〜

弁護士の助けを借りよう

一人で悩んでいても問題がクリアになることはないので、評判の良い弁護士事務所に足を運んでみると良いでしょう。また、どのような事を相談できるのか知りたいなら下記に目を通しておくべきです。

弁護士に依頼できる内容

計算

給付金の請求

病院で医療器具の使い回しをしたことが原因でB型肝炎になった場合、給付金を請求することが可能となっています。ですので、問題解決のためにも弁護士事務所に依頼すると良いでしょう。

交通事故

東京など都心部では交通量が多く、それに伴って交通事故が増加しています。そして、交通事故のトラブルに巻き込まれてしまったのなら、弁護士に依頼することで問題を片付けることができるでしょう。

離婚問題

せっかく好きな人と結婚をしても、性格の不一致などという理由で早々に離婚してしまう方が多くなってきています。それなら弁護士を通さなくてもいいのですが、パートナーからDVを受けていたり、パートナーが不貞を行なっていたりするならば、弁護士に任せましょう。

弁護士を利用する前に

いきなり弁護士事務所を尋ねるのは気がひけると感じているのであれば、下記に目を通しておくと良いでしょう。そして、当てはまるようであれば、1度カウンセリングを実施している弁護士事務所に行くのが賢明です。

給付金を請求できる症状

  • 治療中の慢性肝炎
  • 治癒されている慢性肝炎
  • B型肝炎(無症候性キャリア)

B型肝炎になった原因は?〜給付金には期限があるので注意しよう〜

電卓

請求に関する注意点

B型肝炎の給付金を請求することは可能ですが、症状が出てから20年以上も弁護士に申告していないとなると、貰える費用が減額されてしまう可能性があります。そうなる前にクリニックに行った後、弁護士事務所に顔を出すのが利口です。

男性

給付金の使い道

給付金をもらったら、それを病院の検査代や弁護士を利用する費用に当てることができる場合もあります。また、国から弁護士費用を貰える場合もあるので、市役所などを訪れてみるのも良いでしょう。

もらって損なし

給付金はもらっても損するどころかプラスにすることも可能となっています。症状がでていなくてもきちんと専門病院に行って検査をし、陽性であればしかるべき手続きを踏むのが適切です。